2006年11月27日

棋譜 孤軍奮闘する四国アイランドリーグ

 先日、某テレビ番組で元プロ野球西部ライオンズの石毛宏典氏が主催する四国アイランドリーグの苦闘の様子を放映しており、忘れない内に書いておこうと思います。
 先ずは近年のプロ野球の人気低迷により、社会人野球チームの解散が増え続け、プロ野球少年がプロに進む道が狭まった点、少年野球等の競技人口の裾野が狭くなり、将来的な不安等、様々な理由により設立された様です。

 一時ドラフトで、四国アイランドチーム所属選手は制限を受けるなどの困難がありましたが、某連敗続き、赤字経営のサッカーチームの建て直し戦略を石毛宏典氏学ぶのですが、大雑把に言えば次の通りです

・大企業で少数のスポンサーから、地域密着型で広く浅くスポンサー(居酒屋や地元企業)を集める
・選手が負傷した時運ぶタンカーや、競技場の砂場等、使える所には全てスポンサー広告を掲示する
・子供サッカー教室等、シーズン中でもイベントの数を大幅に増やし、地元の人達との交流を増やす
・ファンが活動するボランティア組織を多人数確保して、試合時のグッズ販売やチケット捥ぎ等の協力を仰ぐ

 と言った所です。野球やサッカーは、確かに地元に根ざしたチームがありますが、企業の宣伝材料としての野球ではなく、同じ様に地元密着型で応援者、観客を増やす事に成功した例に、北海道日本ハムファイターズがあります。

 囲碁で言えば、余り地域密着という事はプロでは無いでしょう。アマチュア大会であれば、地元選手を応援するという事はあるでしょうが、精々関西・中部・東京と言った大まかな区分しかないですが、その代わり棋士一人一人の出身地というものもあるし、何よりイベントや教室という活動を増やすという事は決して悪い事では無いと思います。

 問題は、様々に金額がかさむという事はあると思いますが、ボランティアの方、及び個人・法人の賛助会員の掲示を各所に行い、同時に賛同する会員を募るという、もう少し財団法人よりは営利企業的な方法へ少しシフトした方が、色々と活動し易いのではないかと思います。

 また、アマチュアの全国大会等も、事前に地元出身の棋士が応援・普及活動等のイベントを行う事で、各地の囲碁熱を盛り上げたり、色々な事が出来るのではないか?と感じます。
posted by SeaChild at 15:18 | Comment(28) | TrackBack(9) | 棋譜| Edit

2006年10月23日

棋譜 囲碁の活用を目指す研究部門を開設-東京大学

 ついこの間ですが、タイトル通りに囲碁の想像力や集中力といった効果を検証する研究部門が東大で開設された様です

囲碁の教育への活用を目指す研究部門を、東京大教養学部が今月開設した。囲碁を習うと創造性や集中力が高まるなど教育的な効果があるとされるが、脳科学や心理学を通してその効果を検証する。日本棋院と日能研から5400万円の寄付を受け、3年間研究する。日本の囲碁人口は長期的には減少傾向にあり、日本棋院は「(研究で)教養教育の一層の充実と、我が国が誇る囲碁文化の継承と発展が可能になる」と期待を寄せている。

 目新しいのは心理学という部分ですね、確かに心理的な影響はとても大きいと感じます。
 でもこれは、脳生理学の分野なら測定するだけで良いのかも知れませんが、心理学は研究者側が囲碁をある程度知っていないと、どんな時にどんな手を打つ傾向があるのか?なんて、検証できるんだろうか?という素朴な疑問はありますがたらーっ(汗)
 それとは又別のソースでは(恐らく数周でリンク切れになりますが)同じ東大で囲碁の講座を担当している教授にも触れ

講座を担当する兵頭俊夫教授(物理学)は「基本を学ぶことが大事な点、欲張ると失敗する点、大局観と局所的な判断の両立が必要な点など、囲碁の特性を知ることは、学ぶ力や生きる力を養うことにも役立つ」と話す。

 となっています。恐らくは、この講座を担当された方は囲碁を知っている方だと思います。
 何かの頭脳ゲーム、ボードゲームを指して、人から「これは頭が活性化するんだ、想像力が豊かになるんだ」と言われても、知らない人からすれば「あーそうでしょうね」と何となく分かったような気でいるものだと思いますね。
 この辺、実際に経験してみないと本当のところは分からない、というもどかしさはありますが、それはどの分野でも言える事だし、今後に期待したいですね。

参考リンク:
日能研の囲碁大会
posted by SeaChild at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋譜| Edit

2005年12月18日

棋譜 プロと連碁!?

 自分でメインに使用してる幽玄の間では、幾つかの機能がありますが、最近はその中の連碁機能にハマっています。
 たまたま、人が連碁用の部屋を開設していたので、打ってみたのがキッカケですが、初めての時はなにか不思議な感じがします。

 最大で4名対4名、計8名による対局が出来ますが、これは中々スリルがあって、自分がチームの足を引っ張るのではないか?というプレッシャーと、棋力が様々な人が混じるので、自分のチームでさえ、高段者の打つ一手の意図が分らん(^^; という事があったり、非常に難しい局面で回ってきたりと、随分なスリルが味わえます。

 さて、そういった面のあるネット碁コミュニティですが、日本棋院オフィシャルだけあって、中には某月刊碁ワールドのコラムを執筆しているライターの人なども居ます。
 この間ですが、深夜のご乱心?か、その人が連碁の部屋を開設したため、普段見知った人達と入室してみたら、二回ほど打つ機会がありました。

 実はライターの人は8段という高段者であり、バランスが取れない為、同時にアクセスしていたプロ棋士と思われる人に声を掛け(ハンドルネームなので、誰かは判らない)一緒に連碁となりました。
 思いも寄らぬ豪華メンバーexclamation×2に、さすがに緊張してしまいましたが、実にいい思い出となりました。

 無論、普段は棋譜の検討や中継観戦、またはプロ同士での対局の為にアクセスしているでしょうから、むやみにお願い出来るものでは有りません。
 よほど余興の載った時、という程度で見てもらいたいですが、こんな事もたまにはあるのです。











 上の棋譜は、その時のものでは有りません。自分達アマチュアのみで打った碁で、その時のメンツに掲載許可をもらったので、掲載します。
 実は自分は黒番…で、形勢はあちらへこちらへと移り、秒読み段階で右上の黒が死の予感を得たところで自分に順番が回ってしまい、頭から煙がモウモウと出たところで、時間切れをやらかしてしまいました…ふらふら くー…またいずれ、リベンジしたいと思います。
posted by SeaChild at 21:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | 棋譜| Edit

2005年11月13日

棋譜 突如現れた強豪

 今日(13日)幽玄の間の韓国サーバーに現れた、韓国のプロ初段棋士、まだ初段とは言え、流石に韓国の囲碁塾→研究生として揉まれたせいなのか・・・・(先入観)・・・・今のところ、まだ数局しか打っていないですが、日本の8段格(殆どがプロらすぃ)とばかり打っていて、全部中押し勝ちしている・・・・もうやだ〜(悲しい顔)ちっ(怒った顔)










posted by SeaChild at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棋譜| Edit

2005年11月02日

棋譜 幽玄の間操作方法


qinさんの、石葉2をカスタマイズさせて頂きました。(改めて感謝いたします)

取り合えず動作確認の為のテスト。どうなるのか判らないけど、色々機能追加をしつつ、このブログのサイズに合う様に調整したりで、中々疲れましたがふらふら良い感じには出来てきました。

  • 番号・・・・・・・着手順に番号を表示/非表示にします。
  • 出力・・・・・・・棋譜ファイルを出力します。
  • リセット・・・・動作がおかしくなった時などに、棋譜を再読み込みします。
  • 矢印・・・・・・・幽玄の間と同じです(大体使ってみると判ると思います)
  • 検討・・・・・・・盤上に自分で着手可/不可を切り替えます。
  • 形勢判断・・一応計算を行います。
  • 変化図・・・・・無理矢理、本物の幽玄の間っぽいものを付けて見ました。解除するにはリセットしかありません。
  • 検討終了・・検討開始以前の状態に戻ります。
  • ・・・・・・・・・・着手音のオン/オフを切り替えます。

 大体こんな感じです。今後新聞棋戦などは、各新聞社のサイトで回覧してもらうとして、面白かった対局や興味深い対決等、ある程度の期間を設けてここに掲載する予定です。











posted by SeaChild at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 棋譜| Edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。