2006年09月05日

囲碁ビジネス 中国経済

 ざっと調べた所によると、中国に進出した日本企業は、約920万人の雇用の創出と、420億元の税金を納めている様です。
 これ以外に、勿論雇用によって中国内需にも貢献している事になります。しかし、他の外資系ではスポーツ等のスポンサーを行う事で中国国内でPRを行う様ですが、日本企業は今ひとつこういった広報活動は苦手としているようです。

 トヨタ&デンソー杯の様に、何かしらの国際棋戦があれば良いですが、無数に増やすのは不可能なのと、費用対効果という点でも複数の企業が共同で支出するものがあれば面白いと思います。

 さて、日中間は政治的に現在冷え切っていると言われますが、現在の状況を見ると経済的には、両国の貿易額はアメリカを抜いている様で、この状況からみると、紛争と言った点に関しては、比較的心配はないと思います。

 むしろ、日本国内の内需が冷え込まないようにするのが得策と思います。自由貿易として、アメリカ・カナダ・メキシコで締結されたNAFTAでは、競争力の弱いメキシコ企業が、アメリカ企業に駆逐されてしまうという現象が起こりましたが、逆に安い労働力を求めてメキシコに渡り、そこで生産した物をアメリカに逆輸入するという図式で、アメリカ自身も傷つき、またメキシコ通貨危機を誘発した為に、今度は対ラテンアメリカ系で貿易黒字であったアメリカに更に追い討ちがかかるという結果になりました。

 その意味では、自由経済とか資本主義のグローバリズムとか言うと、確かに相互に恩恵がある為に、国対国といった全面的な戦争は起こり難いのですが、何処か富が一極集中する面があります。

 日本は日本で、似た様な事に、日中間の貿易額が増大するものの、日本企業が中国生産品を日本に逆輸出する等で、対中貿易赤字は年々増えているようです。

 実の所は、紛争地で使われる地雷やAK47というソ連製の銃は、現在では製造されておらず、中国の模造品である様です。
 またエネルギー問題を抱えているため、イランとは核技術等の供与の代わりに石油の輸入をするという事が行われていて、国連でイランの査察に中国が反対するのもこの為である様です。

 その為に懸念があるものの、13億という巨大な市場に対して、どの国でも無視出来ない、という非常に微妙な状況にあるのです。
 アメリカはある時期から、投資コストの掛からない金融サービスが非常に発達して、その代わりに製造業の分野がなおざりにされてきた面があります。

 軍事に関連する分野、軍事技術や衛星等の宇宙開発、ITや医療といった分野では、日本では太刀打ち出来ないほど発達した分野がある反面、製造業よりも金融サービスに力を入れた為、日本の製品や中国の製品が大量に出回るという事が起き、更に国民が借金してまで大量消費する、不思議な国になりました。

 それは一面では、消費する事で他国の企業の経営が上向き、経済が発展する事で投資する金融サービスが潤うという面があり、その意味で次期大量消費国家としての、中国を無視できないのです。
 
 仮にアメリカ経済が破綻した途端に、対米輸出額の大きい中国でも大打撃があるのと同様、対外依存度が増えれば、その分だけ米中関係の様に、一見して冷えている様で、余り険悪に成らないのは、最近中国の対日政策を見直す形で極めて冷静になってきた要因でもあると思います。

 結局のところ、何が言いたいのか判らなくなりましたが(笑)その他にも、エネルギー問題や食物で、石油メジャー、穀物メジャーと、日本の丸紅の様な商社や中国の国営企業が、それぞれに争奪戦を行い、まるで地球という碁盤でそれぞれが陣取り合戦をしている様な感じで、異常に複雑です。

 ライフスタイルの向上・変化は、エネルギーと食料の枯渇を産む事になり、何かしらの代換エネルギーと、食事の変化を生むと思います。
 例えば、ブラジルのジャングルが大豆畑の為に、どんどん開拓されてしまう為に、何かしらの気象変化を生む可能性と同時に、この大豆は何に使うのかと言えば、人間ではなく家畜の食料になるのです。

 家畜は、1kg.の肉を作る為に11倍程度の穀物を必要とし、水は更に戦艦を一艘浮かべる程必要な様です。
 つまり、食生活が世界的に変化しつつある為に、大量の穀物と水と木を消費しつつあり、代わりに得るものは成人病という事で、何事も突進し過ぎるとロクな事が起こらないようです。

 どうも、輸出依存度が高いと危険を伴い易いですが、それと共に内需を疎かにすると、製造業で言えば産業の空洞化を招き易いと思います。
 製造をこなす為に、いわゆるカイゼンという事が可能なのと、源泉技術や基幹部品や製造機器といった面で、ある程度その国の産業のバックアップも必要だと思います。

 製造機器などはメンテナンスもありますし、国際競争力が激化しても、基幹部品が強ければ、それだけ有利です。
 サムソンや現代と言った、強力な企業が何処かの国で誕生するかも知れませんが、その方がむしろ切磋琢磨できるでしょう。

 碁では無分別に欲張ると失敗します。無理やり碁関連でまとめると(^^; トヨタ&デンソー杯の様に、部品供給するメーカー等では、例えば燃費の良いものやガソリンに代わるものの需要が増すでしょう。
 実際の完成品も無くては、技術の空洞化を招きますが、高品位な部品輸出も国際競争力が高まり易くなる反面、実は色々な意味で必要な事で、日本へ逆輸出とは別にメリットがあります。

 日本製品が売れようと、海外企業の製品が売れようと、中身の高品位部品で日本製が強ければ、勝手に市場が広がるという意味です。

 そして、明らかに中国は日本の企業に対しては、研究対象になっているでしょう。政治的な関係で冷え込んでいるとはいえ、製造機器、部品供給メーカーが共同して、新たな国際棋戦が現れると良いと思います。
posted by SeaChild at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ビジネス| Edit

2005年12月27日

囲碁ビジネス NECカップとのコラボ

 移転前のネタではありますが、囲碁人口の新規広大も大事ですが、現存するファン層の人達にも、気軽に人間相手の碁を打てる環境は、あった方が良いと感じます。
 また、前回の投稿にあるように、小学生等はネット碁もしくはゲーム機で碁を打ちたいと、考えてる潜在層がいます。
 競技人口500万人と言われる中で、もちろん生で人間相手に石を持ちたいと考える向きもあると思いますが、環境さえ整えばネット碁にもチャレンジしたいと考える潜在層は案外いると思います。

 現在でも、非常な碁好きの方は、独学あるいは教えてもらって、ネット碁に挑戦する人が居ます。しかし、一般的にはやはり「パソコンを今更覚えるのは大変…」「ネット碁なんて、操作が難しそう…」と二の足を踏む人は多いと思います。

 同様の理由によって、利用を控えられていたものに、携帯電話があります。現実にはi-modeやez-web、メール機能なんか要らない、電話が何時でもかけられる便利さだけ欲しい。と考える高齢者層に向けた、簡単操作のシンプル携帯が受けて、ヒット商品になりました。

 同じ事が、ネット碁にも言えるのではないかと思います。その意味でも子供やお年寄り、誰もが使いやすいをテーマにしたネット碁ソフトで、コンシューマ機向けのものがあると良いと感じます。
 そこで、NECさんと日本棋院さんのコラボレーション、ネット対局幽玄の間(ゲーム機版)があると良いと感じてしまいます。

 販促はNECカップや子供囲碁大会等の会場、棋院の各施設の売り場、碁ワールド等の雑誌で、利用にあたってはBIGLOBE回線+幽玄の間登録会員という条件であれば、携帯と同じビジネスモデル、ソフト本体や説明書等の印刷物も、無償で配布しても仮に、500万人の競技人口中、5万人でも入会できれば、十分と思えます。
 
 当然、タイトル戦中継やプロとの指導碁等も十分希求力があると思いますし、チャット機能は厳しいと思いますが、その代わりBIGストリーム配信が見れる等の、多少のカスタマイズも出来ると思います。

 問題は、PC版がまだ発展途上的な状態でもあり、時折バージョンアップするのに対し、ゲーム機用のそれが機能変化に追いつけない等、色々問題はあると思いますが、実現できれば面白いと思うのですが。
  
posted by SeaChild at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ビジネス| Edit

2005年12月21日

囲碁ビジネス 自動車メーカーと中国市場

 現在は第4回正官庄杯世界女流囲碁最強戦第2ラウンドが行われています。これには中国ではテレビ中継 TVされている様です。
 その少し前では、三星火災杯が行われ、開催期間中ネット碁サーバーでは、韓国・中国サーバーが一杯になってしまい、日本サーバーに多くの中韓ユーザーが流れ込んでくる事態となりました。
 日本でも、国際棋戦は(特にネット碁において)非常に観戦に熱が入りますが、中国は韓国勢に追いつき追い越せ、という政府の後押しもあり、非常に囲碁熱が高くなっているそうです。

 それにつけても日本は…という所ですが、中国と言えばかつての自転車王国が、自動車王国へと変わりつつあり、各自動車メーカーもしのぎを削っている国です。

中国自動車産業
日産自動車 韓国で「インフィニティ」モデルを販売開始
各国自動車企業の中国戦略

またNIKKEI.NETに以前あった記事を一部引用すると
日産が「インフィニティ」の販売網を構築するのは米国に続き2カ国目。訪韓した志賀俊之最高執行責任者(COO)は「インフィニティのブランドを中国、ロシアなど世界で展開するノウハウを蓄積する上で、韓国市場は極めて重要」と語った。「M35」(日本名フーガ)など7車種を発売、韓国の輸入車市場でシェア5―6%を目指す。 (07:00)

 という事です。韓国・特に中国市場を見た場合(特に自動車メーカー等)囲碁の国際戦を主催するのも一つの手だと思います。
 国内棋戦は新聞社が多く主催していますが、国際棋戦に関してはもっと自動車メーカーが参入しても良いと思うのです。賞金よりも副賞として優勝者に最新エコカーを送るなどで、よりアピールが出来るのではと思います。
posted by SeaChild at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ビジネス| Edit

2005年11月13日

囲碁ビジネス ネット対局とストリーミング

ストリーミングイメージ図.jpg

 楽天TBS問題ではないですが、ネット碁に関しては、ストリーミング配信を同時に行ってくれると助かります。(画面はイメージ図でクリックすると広大)
 ネット碁という双方向性サービスと、ストリーミング配信と共存して、サーバーの負荷が重くなり過ぎないか、その辺は素人なので定かでは有りませんがあせあせ(飛び散る汗)

 タイトル戦等で行われる大盤解説の様子を、同時配信(及び棋譜鑑賞時)すると、元々が対局場のあるホテル等で行われているものである為、コスト的にも抑えられると思います。
 同時に現地に見に行けない人にも、見てもらえます。ついでに態々ネット碁用の解説を付ける必要が無くなりますたらーっ(汗)

 ネット碁のソフト面で言えば、サイバー棋院製のものは、現状でも音声によるチャットが出来ますが、映像付きで出来るような事を何処かで読んだ記憶があります。
 上記の点などから、ネット対局幽玄の間で行う(日本棋院運営で、サイバー棋院製)のが一番現実的な感じがします。
posted by SeaChild at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ビジネス| Edit

2005年11月10日

囲碁ビジネス 囲碁ステーション

 もう既に知られているので、今更という感じもしないでも無いですが、囲碁ステーションというブログがあります。
 ここは、関西総本部の佃亜紀子四段、岩丸平四段、井澤秋乃三段、阪本寧生初段、種村さゆり初段というメンバーで運営されていますが、同時に同名のイベントも行うようですね。

 しかし・・・そうなって来ると、中部総本部のブログとかも見てみい・・・・青葉かおり四段なんか人気でそうですが、やっぱり複数人の持ち回りで、羽根棋聖が「よ〜し、パパ棋聖防衛しちゃうぞ〜手(グー)とか、普段ありそうも無いキャラで書き込みしたら面白いけどな(^^;

 
posted by SeaChild at 23:07 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ビジネス| Edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。