2005年11月10日

囲碁普及 囲碁普及について

青葉かおりのハイパー囲碁
私が囲碁を始めて得たものは集中力、思考の持久力など、これもあげればきりがありません。
それは人間形成や勉強においてもたいへん有益であったと思います。

「ヒカル」若者に旋風 囲碁(タイ)
小学6年の長男(11)に付き添って来た母親は「物事をよく考えるようになった」と手放しで歓迎する。

アメリカの公立小中学校の子供達に囲碁を教えた結果の報告書
 私が囲碁を教えた学校でまず最初に先生たちが注目したことは、碁を打つことを教わった生徒達がそれ以後総ての種類のテストに、通常以前より良い結果をだしたことであった。我々はこれは、碁を打つということが、自分の眼前にある問題が碁盤上であろうと試験用紙上であろうと、もっと注意深く集中することを教えたからであろうと考えている。

トンプソン中学校レポート
関係した総ての先生は囲碁を教えることは子供達にいろいろな技能を学ばせる革新的方法と信じている。

 これ等は成る程とは思います。布石感覚や先を読む力、大局観を養ったり見損じを減らす集中力・・・こういったものは、確かに養われるかも知れません。
 しかし、現実には余り一般的にこういった傾向の話しは聞かないし、自分自身でもよく分からないのです。
 何故かは、分かりませんが・・・どうも外国の教育者の場合には、ボードゲームを子供の補助教育の一環として役立てようとする認識があるようです。
 日本では逆に、囲碁といえばボードゲーム・レクリエーションの類という認識が多いと思います。この認識の違いが、囲碁教室の中の授業内容の何処かに現れているのかも知れません。
 最近では、東大の授業に囲碁が用いられるなどの、よい方向へと認識が変わって来ているとは思います。
 さしあたって、囲碁が楽しく継続できるという点に重点を置き、他の生活全般にも集中力や深く考える力を活かせる様なマニュアル化(伝える側・教育側への)があった方がよい様に思います。

 子供によって対応は様々とも思いますし、マニュアルの一本化は危険を伴いますが、ある程度の指針を設けて、それに沿った形で行って貰えるようにするのです。

  1. 碁ワールド・週間碁・Webサイト・囲碁未来等、様々なメディアを通じて募集を行い、日本全国的に行う


  2. 囲碁を教えたいと思っている人には、出来るだけ無償で、マニュアル及び入門囲碁セット等を提供する(相手は自分の子供でも、近所の子供達でも構わない)


  3. アンケートも沿え、囲碁をそれまで知らなかった子供達に伝えた結果、どのような変化があったか?もしくは無かったか?の集計を取る


  4. 財政の健全化を図るのが先であれば、こういった活動を通じて、実際に囲碁普及に参加できないが、支援をしたいといった方に後援会員になってもらう


  5. その為にも活動内容は定期的に、上記のメディア等を通じて経過報告をし(出来れば囲碁将棋ジャーナル等でも・・・)また後援会員の方には追ってレポートも提出する。


 この普及作戦は、最初のマニュアル作りがいい加減では好結果が望めず、失敗してしまいます。従って慎重に検討してから実行し、送付した所には期間内にアンケートを返送してもらい、集計を取ってから教育委員会に提言する為の資料にします。

 このような仕組みがあればと思います。もちろん囲碁普及の為なので、募集を募って囲碁を子供達に教えてもらうう事でも、ある程度の効果は期待できますが、最終目標は教育委員会・文部科学省に認可してもらう事です。
posted by SeaChild at 23:20 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁普及| Edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

囲碁セット 新桂10 号折碁盤セット 雅
Excerpt: 新桂碁盤:厚さ約1寸ですサイズは普通の碁盤と同じで、約42×46cmです。碁石:硬質硝子碁石 新生 梅(厚さ8mm)碁笥:プラスチック銘木 大 ─ 湿気厳禁 ─盤は湿気を嫌います。絶対、濡れ布巾で拭か..
Weblog: 囲碁を...
Tracked: 2007-08-11 14:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。