2006年09月27日

囲碁普及 中国のネットユーザーが選んだ韓流

 韓国、中央日報にて中国のネットユーザーが選んだ「好きな韓流トップ10」(←クリック)と題して様々な分野の韓流が紹介されていました。

 どうも日本で韓流というと、ドラマの役者や歌手という印象が強いのですが、韓国のものであれば、概ね韓流ということの様です。
 そこで面白いのが
スポーツ・文化界では李昌鎬(イ・チャンホ)、李(イ)・セドル、朴智星(パク・チソン)、犒溢襦淵船隋Ε侫鵐劵腑鵝法・堕膣次淵▲鵝Ε献腑鵐侫.鵝法⇒畄秀(イ・チョンス)、チェ・チョルハァΒ劉昌赫(ユ・チャンヒョァλ、ユ・スンミン、パァΖヨンフンぁΑπれた Τこで囲碁界ぁΧ人、サッァ・ぁΤ人も董γたのは ・国人たちぁο碁とサッァ・にそれだけ関心ぁ・いぁ・と検・れる。」

 としてあり(数回試しましたが何故か文字化けしてしまいます)、やはり日本では韓流=映画・ドラマであって、仮にスポーツ・文化部門を選ぶとしても、囲碁は恐らく出て来ないだろうと思われますね。
 これまた不思議?な事に、案外日中関係は冷え込んでいると言われても、囲碁に関しては、依田 紀基氏は「老虎」と呼ばれていた記憶があります(違ったかも知れませんが…)
 要するに、純粋に強ければ誰でも、人気(認知)が高いという事ですね。また中国で囲碁の普及に貢献した藤沢秀行名誉棋聖も、非常に有名であるようです。

 政経分離と言いますが、文化(カテゴリーによりますが)に関しては、元々余り経済とも政治とも関係が無く、自然と受け入れられるという事ですね。
posted by SeaChild at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁普及| Edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。