2006年09月12日

囲碁普及 左利きは有利!?

 全米経済研究所が公表した論文によると、同等の教育を受けた人の場合、左利きの男性は右利きの男性よりも15%多くお金を稼ぐそうです。
 大卒の場合、その差は更に大きくなり、左利きの人の方が26%多くお金を稼ぐようです。(リンク切れの場合あり

「経済学的、統計学的に顕著な違いが数点明らかとなり、利き手に関する更なる調査が必要である。しかしこれらの事例について、なぜそうなるのかきちんと説明できる理論は見つかっていない」と研究所は発表している。という事ですが、不思議とこの関係は女性には見られなかったようです。

 素人考えでは、以前述べたように、男性脳の方が左右どちらかに特化する傾向があり、そのせいでは無いかと思いますが、生まれてからずっと左利きであった場合、継続して右脳を刺激している事だけは確かでしょう。
 恐らく、情緒とか感性といった面以外にも、例えば図表を元に自己の理論を展開できるとか、その逆に他人の意見を直ぐに理解できる、といった何かしら右脳に関連するような能力にそれだけ秀でているという可能性がありますね。

 しかし、率直に半年程度囲碁をやった所で、直ちに左利き人間に迫るかといえば、そんな事も無いでしょう。
 実際には継続する事と、目的が手段にならずに(囲碁だけにのめり込まずw)気楽に出来ればと思います。

 現代社会の場合、殆どの活用分野が左脳になります。従って如何にも左脳を鍛えれば良さそうですが、結局左脳は右脳との連動によって活動しているようです。

 これは、心と体の関係に似ていますね。普段は行動や運動能力、技術面等に評価が行きがちですが、現実には心が「そうしよう」と思わなければ、行動に表れず、常に心と行動が連動しているという事です。
posted by SeaChild at 19:24 | Comment(5) | TrackBack(1) | 囲碁普及| Edit
この記事へのコメント
こんにちは。
自分も囲碁ってもちろん努力も重要ですが、ある種生まれ持った「才能」や幼少期に得た「性格」的なものの影響が大きいような気がしてました。
(万年初級者の自分の擁護ではありませんがw)
トラックバック送信させてもらいました。もしよろしければ自分のページにも遊びに来てみてください。
今後もブログを楽しく拝見させていただきますので、よろしくお願いします。
Posted by curren at 2006年09月16日 00:24
どうも今日は、実はPCが壊れた影響で、様々なIDとパスワードを紛失してしまい(汗)
右側の、ブログパーツは結構、サービスにログインしないとならず(つまりIDとパスワードを求められる)

こちらからもリンクしたいですが、ちょっと遅れるかも知れません。
Posted by at 2006年09月27日 19:09
それは大変ですね...
自分もブログ開設してから、それに付随する様々なサービスのアカウント、管理しきれません...
リンクを貼っていただけるのは大変光栄です。ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by curren at 2006年09月29日 23:42
米国やカナダでは左利きの研究はとても盛んですが、あまり、いい結果は出ていません。「左利きは、賭け事に強い」「左利きは相場に強い」「左利きはギャンブル中毒率が高い」とか日本人の価値観からすると手堅さに欠ける印象もあります。何より衝撃的な報告は、左利きの人の平均寿命の短かさの報告です。
あと、左利き=右脳=図表という発想は間違っています。現在は「右利きの人の図表を管理するのは右脳」ですが、左利き(両利き)の人の図表を管理するのは左(左右)の脳となっています。
Posted by 左利きの研究 at 2010年06月15日 08:19
はじめまして。

興味深いですが碁はバランスが大切なのでなんともいえなそうな話ですね。
Posted by おかりん at 2012年02月24日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23651518

囲碁論文サイト
Excerpt: 以前、囲碁と性格に関する記事を学術的を気取って(気分はメガネ男子)書きましたが、 私めの学の無さ、文章力の無さが如実に現れ、グダグダになってしまいました。 今日は、自分が目指..
Weblog: immoral & stoic
Tracked: 2006-09-16 00:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。