2006年11月27日

棋譜 孤軍奮闘する四国アイランドリーグ

 先日、某テレビ番組で元プロ野球西部ライオンズの石毛宏典氏が主催する四国アイランドリーグの苦闘の様子を放映しており、忘れない内に書いておこうと思います。
 先ずは近年のプロ野球の人気低迷により、社会人野球チームの解散が増え続け、プロ野球少年がプロに進む道が狭まった点、少年野球等の競技人口の裾野が狭くなり、将来的な不安等、様々な理由により設立された様です。

 一時ドラフトで、四国アイランドチーム所属選手は制限を受けるなどの困難がありましたが、某連敗続き、赤字経営のサッカーチームの建て直し戦略を石毛宏典氏学ぶのですが、大雑把に言えば次の通りです

・大企業で少数のスポンサーから、地域密着型で広く浅くスポンサー(居酒屋や地元企業)を集める
・選手が負傷した時運ぶタンカーや、競技場の砂場等、使える所には全てスポンサー広告を掲示する
・子供サッカー教室等、シーズン中でもイベントの数を大幅に増やし、地元の人達との交流を増やす
・ファンが活動するボランティア組織を多人数確保して、試合時のグッズ販売やチケット捥ぎ等の協力を仰ぐ

 と言った所です。野球やサッカーは、確かに地元に根ざしたチームがありますが、企業の宣伝材料としての野球ではなく、同じ様に地元密着型で応援者、観客を増やす事に成功した例に、北海道日本ハムファイターズがあります。

 囲碁で言えば、余り地域密着という事はプロでは無いでしょう。アマチュア大会であれば、地元選手を応援するという事はあるでしょうが、精々関西・中部・東京と言った大まかな区分しかないですが、その代わり棋士一人一人の出身地というものもあるし、何よりイベントや教室という活動を増やすという事は決して悪い事では無いと思います。

 問題は、様々に金額がかさむという事はあると思いますが、ボランティアの方、及び個人・法人の賛助会員の掲示を各所に行い、同時に賛同する会員を募るという、もう少し財団法人よりは営利企業的な方法へ少しシフトした方が、色々と活動し易いのではないかと思います。

 また、アマチュアの全国大会等も、事前に地元出身の棋士が応援・普及活動等のイベントを行う事で、各地の囲碁熱を盛り上げたり、色々な事が出来るのではないか?と感じます。
posted by SeaChild at 15:18 | Comment(28) | TrackBack(9) | 棋譜| Edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。