2005年12月27日

囲碁ビジネス NECカップとのコラボ

 移転前のネタではありますが、囲碁人口の新規広大も大事ですが、現存するファン層の人達にも、気軽に人間相手の碁を打てる環境は、あった方が良いと感じます。
 また、前回の投稿にあるように、小学生等はネット碁もしくはゲーム機で碁を打ちたいと、考えてる潜在層がいます。
 競技人口500万人と言われる中で、もちろん生で人間相手に石を持ちたいと考える向きもあると思いますが、環境さえ整えばネット碁にもチャレンジしたいと考える潜在層は案外いると思います。

 現在でも、非常な碁好きの方は、独学あるいは教えてもらって、ネット碁に挑戦する人が居ます。しかし、一般的にはやはり「パソコンを今更覚えるのは大変…」「ネット碁なんて、操作が難しそう…」と二の足を踏む人は多いと思います。

 同様の理由によって、利用を控えられていたものに、携帯電話があります。現実にはi-modeやez-web、メール機能なんか要らない、電話が何時でもかけられる便利さだけ欲しい。と考える高齢者層に向けた、簡単操作のシンプル携帯が受けて、ヒット商品になりました。

 同じ事が、ネット碁にも言えるのではないかと思います。その意味でも子供やお年寄り、誰もが使いやすいをテーマにしたネット碁ソフトで、コンシューマ機向けのものがあると良いと感じます。
 そこで、NECさんと日本棋院さんのコラボレーション、ネット対局幽玄の間(ゲーム機版)があると良いと感じてしまいます。

 販促はNECカップや子供囲碁大会等の会場、棋院の各施設の売り場、碁ワールド等の雑誌で、利用にあたってはBIGLOBE回線+幽玄の間登録会員という条件であれば、携帯と同じビジネスモデル、ソフト本体や説明書等の印刷物も、無償で配布しても仮に、500万人の競技人口中、5万人でも入会できれば、十分と思えます。
 
 当然、タイトル戦中継やプロとの指導碁等も十分希求力があると思いますし、チャット機能は厳しいと思いますが、その代わりBIGストリーム配信が見れる等の、多少のカスタマイズも出来ると思います。

 問題は、PC版がまだ発展途上的な状態でもあり、時折バージョンアップするのに対し、ゲーム機用のそれが機能変化に追いつけない等、色々問題はあると思いますが、実現できれば面白いと思うのですが。
  
posted by SeaChild at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ビジネス| Edit

2005年12月26日

囲碁普及 男子小学生の囲碁調査

 小学館の「教えてネット君調査隊」に男子小学生の囲碁・将棋意識アンケートというのが載っていました。更に詳しい内容に関しては、同ページ下記のPDFにあります。

 自分の子供の頃を思い出してみても、将棋部や将棋クラブというのはあっても、囲碁部や囲碁クラブは有りませんでした。今は大阪府の教育委員会の認可によって、大阪方面では囲碁が学校で教えられるなど、普及面で進んでいるようです。

 囲碁普及と一口に言っても、全く知らない人が囲碁を覚えて初めて競技人口が増える訳ですが、案外打つ機会が無い。もしくは初心者な為、周りに強い人が多く、挫折する等のケースが考えられます。
 ネット碁もしかり、町の碁会所でもこういった話を時折目にします(実際に碁会所に行かない為、こういった経験をした人の又聞きですが…)
 
 同PDFファイルの内容によると、将棋の方がポピュラーであるに関わらず、ネットやゲームソフトで囲碁をやりたいという生徒は、将棋に匹敵するようです。
 また、小学生男子で囲碁をする生徒は22.9%、ルールを知っているがやらない・できない生徒が77.1%となっています。

 囲碁を教えるという事も、競技人口の広大や、そのキッカケ作りとして重要ですが、打てる環境を提供したり、教室などを開催する等のケアも重要不可欠な事だと思いました。
 環境という面では、ネット碁で打つ事を希望する生徒が多い事に加え、距離や時間的制約も無いため、ネット碁で展開するのが、当面良いのではないかと思います。

 ただ、同じ棋力同士、同じ子供同士などで、自由に対局できる環境も必要と思いますし、判らない生徒や、難しいと感じている生徒等に、教える人を設置する等の事も必要かも知れません。
 ゲームでやりたいと考えている生徒は、囲碁というゲームの性質上、次世代機や更に次の世代機というハイテクゲーム機用には、販売されなくなる恐れもあります。その意味でも、ネット碁でのそういった整備は必要と感じます。
posted by SeaChild at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁普及| Edit

2005年12月21日

囲碁ビジネス 自動車メーカーと中国市場

 現在は第4回正官庄杯世界女流囲碁最強戦第2ラウンドが行われています。これには中国ではテレビ中継 TVされている様です。
 その少し前では、三星火災杯が行われ、開催期間中ネット碁サーバーでは、韓国・中国サーバーが一杯になってしまい、日本サーバーに多くの中韓ユーザーが流れ込んでくる事態となりました。
 日本でも、国際棋戦は(特にネット碁において)非常に観戦に熱が入りますが、中国は韓国勢に追いつき追い越せ、という政府の後押しもあり、非常に囲碁熱が高くなっているそうです。

 それにつけても日本は…という所ですが、中国と言えばかつての自転車王国が、自動車王国へと変わりつつあり、各自動車メーカーもしのぎを削っている国です。

中国自動車産業
日産自動車 韓国で「インフィニティ」モデルを販売開始
各国自動車企業の中国戦略

またNIKKEI.NETに以前あった記事を一部引用すると
日産が「インフィニティ」の販売網を構築するのは米国に続き2カ国目。訪韓した志賀俊之最高執行責任者(COO)は「インフィニティのブランドを中国、ロシアなど世界で展開するノウハウを蓄積する上で、韓国市場は極めて重要」と語った。「M35」(日本名フーガ)など7車種を発売、韓国の輸入車市場でシェア5―6%を目指す。 (07:00)

 という事です。韓国・特に中国市場を見た場合(特に自動車メーカー等)囲碁の国際戦を主催するのも一つの手だと思います。
 国内棋戦は新聞社が多く主催していますが、国際棋戦に関してはもっと自動車メーカーが参入しても良いと思うのです。賞金よりも副賞として優勝者に最新エコカーを送るなどで、よりアピールが出来るのではと思います。
posted by SeaChild at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁ビジネス| Edit

2005年12月18日

棋譜 プロと連碁!?

 自分でメインに使用してる幽玄の間では、幾つかの機能がありますが、最近はその中の連碁機能にハマっています。
 たまたま、人が連碁用の部屋を開設していたので、打ってみたのがキッカケですが、初めての時はなにか不思議な感じがします。

 最大で4名対4名、計8名による対局が出来ますが、これは中々スリルがあって、自分がチームの足を引っ張るのではないか?というプレッシャーと、棋力が様々な人が混じるので、自分のチームでさえ、高段者の打つ一手の意図が分らん(^^; という事があったり、非常に難しい局面で回ってきたりと、随分なスリルが味わえます。

 さて、そういった面のあるネット碁コミュニティですが、日本棋院オフィシャルだけあって、中には某月刊碁ワールドのコラムを執筆しているライターの人なども居ます。
 この間ですが、深夜のご乱心?か、その人が連碁の部屋を開設したため、普段見知った人達と入室してみたら、二回ほど打つ機会がありました。

 実はライターの人は8段という高段者であり、バランスが取れない為、同時にアクセスしていたプロ棋士と思われる人に声を掛け(ハンドルネームなので、誰かは判らない)一緒に連碁となりました。
 思いも寄らぬ豪華メンバーexclamation×2に、さすがに緊張してしまいましたが、実にいい思い出となりました。

 無論、普段は棋譜の検討や中継観戦、またはプロ同士での対局の為にアクセスしているでしょうから、むやみにお願い出来るものでは有りません。
 よほど余興の載った時、という程度で見てもらいたいですが、こんな事もたまにはあるのです。











 上の棋譜は、その時のものでは有りません。自分達アマチュアのみで打った碁で、その時のメンツに掲載許可をもらったので、掲載します。
 実は自分は黒番…で、形勢はあちらへこちらへと移り、秒読み段階で右上の黒が死の予感を得たところで自分に順番が回ってしまい、頭から煙がモウモウと出たところで、時間切れをやらかしてしまいました…ふらふら くー…またいずれ、リベンジしたいと思います。
posted by SeaChild at 21:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | 棋譜| Edit

2005年12月17日

雑記 柳九段+梅沢五段のイベント

 前回報告の通り、昨日柳時熏九段と梅沢由香里五段の、トークライブがありました。始まってから直ぐにも、色々な質問攻めで、内容を追いかけるだけで精一杯でしたが、大まかにレポートします。

 先ず、梅沢5段の目標?としては、囲碁を分りやすく伝える教えかたを考えたいという事でした。
 紙の媒体では、確かに難しい所があります。ソフトやビデオといったものでは、何とかやりようもあるとは思いますが。

 ちなみに、今までに聞いた話しでは、NHKで放送された、小林泉美さん達とやったレディース用囲碁の初心者講座が、凄く判りやすかったそうです。
 また、ソフトの関係では、任天堂GBA用の「ヒカルの碁」が分りやすく、なんとこのゲームだけで碁を覚えて、実際にネット碁デビューも果たした人が凄く多いのです。

ヒカルの碁.png

 見た感じでは、チュートリアルの部分などは、知念かおり先生の親子で楽しむこども囲碁入門これに近いように感じます。

 さて、柳九段の方は、囲碁を打ってまた片付けたら元に戻る。また始められるので、そこが良い。永遠に強くなれる。という事を語っていました。
 なるほどー含蓄がありますね。

 また、海外の棋士に比べて、心理的に食らい付くというか、最後まで諦めないという粘りみたいなものが弱いという事を語っていました。
 これは、よく耳にする事です。同じく韓国出身の趙治勲先生も、勝負に対する執念は凄まじかった様ですが、日本の棋士は形の良さに拘り、外国の棋士は勝つ事に拘る、というのは耳にする話しです。

 という訳で、のっけから重いテーマとなってしまいましたが、それぞれに囲碁に対する思いなどが聴けて、大変有意義なイベントだったと思います。
posted by SeaChild at 14:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記| Edit

2005年12月15日

雑記 幽玄の間クリスマスイベント

 タイトルを見て、日本棋院の幽玄の間で誰かイベントをやるのかと思った方は残念でした。今週金曜日ですが、ネット対局「幽玄の間」の方で、柳時熏九段と梅沢由香里五段による、クリスマスイベントが行われるようです。

 ん〜・・・じつは、質問とかは何にしようとか、まだ決めていません。ただ、このクリスマスイベントはちょっとニュースが古かったですね。
 しかし、最新のニュースとして、クリスマスイベントの第二段もある様です。

 なんと、張栩名人・王座防衛記念トークライブだそうです。
 こちらは、どうもインタビューやチャットの他にも、本人と聞き手の万波佳奈三段とのペア碁もあるそう。
 
 後半の、張栩名人・王座の方は、聞いてみたい質問なんかは、既に考えましたが、あと何か聞きたい事あったかな…と考慮中です。

 で、関係ないですが、最近映画「ビューティフル・マインド」を借りて鑑賞しました。
 そもそもが、序盤や後半に、囲碁を打つシーンが出てくる…というだけの安易な選択でしたが(^^;、中々感動的な作品でした。

 まだ見ていない人の為にも、何処まで詳しく語っていいか?という所ですが、実話を元にしてるという点で、尚更感動的に感じます。
 それにしても、アメリカで囲碁を愛好する人には、数学者が多くいる様ですが、なんでなんでしょう?
posted by SeaChild at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記| Edit

2005年12月11日

囲碁普及 院生のブログ2

 実は院生の人のブログというのは、案外ある様です。一見すると一般的なアマチュアの人が作ったブログと間違えてしまいそうですが、これまたひょんな事から知る事となった、院生の人のブログ

ibachan 一億への道

 おそらくは、ここが世で最初の院生のブログという事です。もっとも、今まで気が付かなかったのも、さもありなん。
 記事全体を見ると、院生のブログが立ち上がり始めたのも、最近の様です。その意味では梅沢由香里五段のブログがキッカケとなったのでしょうか?なにか面白い話のリーク(?)もあるかも知れませんね。

posted by SeaChild at 11:23 | Comment(2) | TrackBack(2) | 囲碁普及| Edit

2005年12月10日

普及ニュース ゴスペラーズ北山陽一氏と普天王が対局

 来年1月2日に放送される(NHK教育)囲碁番組では、タイトルの通りにゴスペラーズの北山陽一氏と、大相撲の普天王氏が対局されるとの事。
 この時期では、裏番組でも楽しそうなものが多いでしょうが、要チェックですね。

 この内容に関する記事(時期によりリンク切れせする可能性あり)
 また、普天王氏のブログにも、この事に触れ、武宮親子の特訓を受けたとか・・・・うーんどういった対局になるのか、本当に楽しみです。
posted by SeaChild at 21:25 | Comment(1) | TrackBack(1) | 普及ニュース| Edit

2005年12月06日

囲碁普及 院生のブログ

 最近プロ棋士のブログが増え、更にアマチュアの囲碁ブログも、案外多いものだな…と感心させられましたが(実は、インターネットを最も利用する20代〜40代が、囲碁に最も馴染みの薄い世代)ウロウロと徘徊している内に、院生のブログを発見しました。

sakkiの囲碁日記

アマチュアには、まだまだ得体の知れない所もある囲碁の世界を、多少なりとも感じが掴めそうな気がします。
 最も、伝統的な技芸の分野で言えば、男女平等であり(女性が碁を嗜むという事自体が伝統的なんですが)そういった面での閉鎖された感じは全く受けませんが、何にせよこれまでは記事を読む、或いは棋譜を見る、といった余り棋士の顔が見える事の少なかった世界なので、歓迎すべき事だと思います。

posted by SeaChild at 17:32 | Comment(2) | TrackBack(3) | 囲碁普及| Edit

2005年12月02日

雑記 男脳と女脳

 梅沢由香里五段のブログに、概ね女性棋士は接近戦に強く、男性棋士はバランスに優れる傾向があり、これは又子供の頃から様子を見ていると、そういった傾向があるのだとか。

 自分でも、よく女流対決の時などはギャラリーから「今日は血みどろの戦いになりますな〜」「殴り合いの碁が見れますね〜」と言われる事があり、初めは冗談めかして言っているだけだと思っていました。

 ところが、どうやらそれは冗談ではなく、本当にそういった傾向があるらしいという事に気が付きました。
 子供の頃からそうであるのだから、やはり男女の脳の違いが何かに関係しているのだと思います。
 
 という事で調べてみた所、左脳と右脳を結ぶ脳梁という部分は、男性のそれに比べて女性は約2倍もあるのだとか。
 その分だけ、女性はストレスなどに関して、右脳と左脳にバランスよく振り分ける為、比較的男性に比べて強いそうです。

 男性は左脳と右脳の、情報の行き来が細い分、上手く処理できない事が多く、その代わりに片側の脳が特殊化する傾向があるようです。
 という訳で、あくまで想像なんですが、囲碁は右脳をよく使用する為、必然的に右脳が鍛えられ、男性棋士の場合は右脳が特殊化するのでは無いかと思います。

 つまり、空間認識・図形認識といった、囲碁のバランス感覚に関して男性棋士の方に分があり、左右の脳をバランスよく使える女性棋士の方が、接近戦に強くなる…のでは無いかと思います。

 接近戦…死活や詰碁等の、右脳を使いつつ左脳も随伴的に活動を始める分野は女性に分があるという訳です。
 これに関しては、囲碁の習い始めはどうなのか?興味のあるところです。

 男性の場合は、左右の脳の情報回線が細い分、多かれ少なかれ脳の側性化が進んでおり、多くは左脳だけに頼っている場合が多いようです。
 その為余り使っていない側の脳で処理する問題に直面した時、うまくバトンタッチできずにオロオロする傾向があるようです。

 つまり、囲碁の概念というか、局面をみてどこが弱い石か?等、バランスや急場を見分けるような時に、うまく理解できない可能性があります。
 女性の場合は、元々脳梁が太い為に、比較的右脳作業に楽にバトンタッチできるのではないか?という気がします。
posted by SeaChild at 18:44 | Comment(1) | TrackBack(4) | 雑記| Edit

囲碁普及 囲碁と脳の関係

undefined
 こちらの本には、PET(陽電子放出断層撮影)という装置を用いて、集中的にアマ及びプロ棋士の囲碁の問題を考えている時の活動を観察した結果が掲載されています。
 もちろん、医学書という訳ではないので、詳細なデータ等が記載されている訳ではありませんが、大変興味深いものとなっています。

問題

アマ

プロ

布石問題

脳の右半球後半部(形のイメージを考える部位)の狭い範囲に限局

左半球側頭、頭頂部のごく限られた一部(恐らく理論的に捌かれている)

詰碁問題

右半球が主役だが、右脳後半部を使い同時に前頭前野(工夫・創作・応用)も活発に活動。
同時に左半球(計算・理屈)の部位も随伴的に一部活用、左前頭前野も一部活動


小脳のみ。その他大脳部位は殆ど活動せず。

終盤初めでの優劣問題
-

アマでは手に負えない難しい問題。小脳での経験の蓄積に基づいて、左脳頭頂部の一部と共にほぼ全員が共通して答えを出す


 結果を簡単に纏めたものが、上図となりますが、プロ棋士の場合は今までに蓄積された経験値に基づいて、小脳(過去の運動経験の蓄積は、小脳に記憶されるらしい)で処理する事が多いものの、アマチュアに取っては、想像道理と言うか、やはり右脳を活発に活用し、また前頭前野も使用されるようです。

 この種のものには、以下のような著作もある様ですが、残念ながら現在の所、所有していないので詳しい事は判りません。
undefined
 囲碁と右脳の関連に関しては、記憶力というのもあると思います。一般人からみて異常とも思えるような記憶力を発揮する人が居ますが、こういった人達は、覚える内容をイメージ化して覚えるのだそうです。
 プロ棋士が何十年も前の対局の石の並びを覚えているのは、恐らく上記の様に、棋譜を頭から覚えているのではなく、石の並びを形で覚えているのではないか?と思います。

 ちなみに、詰碁の問題は張栩名人・王座(現)が作成したものとの事です。
posted by SeaChild at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁普及| Edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。